その他

家電が壊れた?問い合わせする前に確認するべき3つのポイント

今朝、突然電子レンジが壊れました。

使おうとしたら温まらない・・・。

先月は洗濯機がこわれたのでまたかー!という感じ。

毎日フル活用している家電。
急に壊れると焦りますよね。

悩み人

急に家電が壊れたらどうすればいいの?

この記事では、家電が壊れた?とおもったときに確認するべき3点をお伝えします。

家電が壊れた?と思ったときに確認するべき3点

確認するべき3点はこちらです。

  1. エラーコードと症状の把握
  2. 保証期間・製造会社・製品型番の確認
  3. 修理完了までの代替手段の確認

①エラーコードと症状の把握

毎日使っている大切な家電の不具合。すぐにサポートセンターへ問い合わせしたくなると思います。

でも、まずはどんな症状がでているのか、家電をよく観察しましょう。

こちらの家電量販店の記事によると、問い合わせの半分が修理の必要ないものだったそう。

「家電(電化製品)が故障した!お問合せ前にまず確認すべきこと。」の記事はこちら

本当に故障していれば、ランプの点滅やエラーコードの表示があるはずなので、まずはエラーコードの表示等があるか確認しましょう。

また、エラーコードは写真にとっておくと修理依頼がスムーズになります


エラーコードがない場合は、どんな症状が、いつから出たのか確かめましょう。

パナソニックは、取扱説明書の「故障かな?と思ったら」の欄に、症状ごとの対処法が記載されていました。PC版はこちら。

簡単な不具合は解消されるかもしれません。

ちなみに今回故障したのは、PanasonicオーブンレンジMS267-K

購入して1年5か月での故障でした。

出典:ビックカメラ
oimo

取扱説明書を確認すると、今回のエラーコードは修理必須でした涙

保証期間・製造会社・製品型番の確認


次に保証書を引っ張り出して、保証期間内か確認しましょう。

保証期間は、レシートか保証書で確認できます。

修理を依頼する場合、

保証番号
・製品型番
・問い合わせ先


の3点を確認し、修理依頼しましょう。

依頼をすると、出張修理の日程調整・何日で修理完了するか・金額について説明があります。

我が家の場合は、2日後の出張修理となりました。

保証期間内なので無料とのことで一安心。

修理完了までの代替手段の確認

最後に、家電の修理が完了するまで、家事をどうするか対策を練りましょう。

たとえば、洗濯途中で故障したなら、中の衣類の処理、近所のランドリーの有無、洗濯頻度の見直しが必要になりますよね。

家族の協力も必要なので、事前に協力をお願いしておきましょう。

今回の故障の原因を尋ねたところ、マグネトロンという部品の不良でした。

マグネトロンが故障すると、温め機能が使えなくなります。

使い方の不備ではなく、あくまでも突発的な故障ということです。

まとめ

家電が壊れた?と思ったときにまず確認するべき3点をまとめました。

  1. エラーコードと症状の把握
  2. 保証期間・製造会社・製品型番の確認
  3. 修理完了までの代替手段

oimo

みなさんの家電の不具合が一日でも早く解消しますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。